読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトミです。

一個人の不定期な日々の感想。

青空

9月も2週目に突入して、涼しくなってきましたね!

 

さて、ここ数日お店に来てくださった方はアサヒさんの腕にペンで描かれたタトゥー(?)を御覧になったのではないでしょうか?

今日はこんな感じでした!

f:id:hitomi_03:20160912175319j:image

ここには、「stop Dakota access pipeline #NoDAPL」と書かれています。

 

(ここから真面目な話)

 

今、ノースダコタ州からイリノイ州まで4つの州までを通るパイプラインが建設されようとしているようです。しかし、それはネイティヴアメリカン居留地を侵害する行為なのです。

彼らの居留地は政府と取り決めた不可侵領域です。元々は彼ら自身の土地だし、取り決めること自体がおかしいのでしょうが、それは置いといて。基本的にネイティヴアメリカン以外は彼らの許可無しに入ってはいけない土地で、しかも先祖たちが眠っているとされていたり、他にも普通の人にはただの草原や山々のようでも沢山の歴史や物語を持つ大事な場所があります。

けれど、そこが今、政府の事業として踏み込まれようとしているということです。

発端は政府が無断でノースダコタ州居留地に工事を開始したことだそうですから、ナンセンスにも程があると思います。日本も政府と地元の人たちとの温度差があって、どこも変わらないなぁというのが今回の第一印象でした。

また、影響はネイティヴアメリカンの人たちだけでなく、ある川(名前をど忘れしました、すみません)を使って飲み水を確保したり魚を食べていたりした人たちにもあるそうで、今ではその川は油で使えなくなっているそうです。

別に、活動に参加しろというわけではありませんが、アメリカのメディアでも報道されてないことを知る機会は殆ど無いのではないでしょうか。「インディアン」の文化に少しでも触れている身としては、誰かが知るきっかけになればな、と思っています。

 

少しでも興味を持った方は、「#NoDAPL」で検索してはいかがでしょうか。英語なので私は若干めげました。ゆっくり頑張ります。

 

ちなみにこちらは賛同キャンペーンのサイトです。開いて驚きましたが、一部が日本語で表示されています。

キャンペーン · Stop the Dakota Access Pipeline · Change.org

 めっちゃ英語のやつ。神聖な岩や土地に対しての活動のようです。
Sacred Stone Camp - Iŋyaŋ Wakháŋagapi Othí

 

 

(ここから私の話)

今日のオープン前、ベルト2本に油を入れました!自分では初のオイルメンテナンスでした〜。

このベルト自体も初でした(笑)

10年近く使っていたのに……ごめんよ……。タイミングを逃してズルズルと来てしまった……。

f:id:hitomi_03:20160912232511j:image

さっさっと。しかしたっぷり。

f:id:hitomi_03:20160912232604j:image

大全に載っているし、普段も愛用してるから見た方も多いかと思う2本。明日も使うかな。どっちにしよう。ビフォーアフターを撮ってない失態……。やらかした。すみません。

これで半日おきます。染み込ませるし、しかも前日に汚れをとって乾かしていたのでスタートから時間がかかるんですね……。何度か気軽に「チャチャッと油入れてよ」とか言っていたのは誰だ…私だ……。軽く入れるなら大丈夫らしいですけど、今回は相当乾いてたから……。

 

気になった方はお店に来た際に聞いてくださいね。基本的に乾いてバキバキになったりしていたら危ういそうです。大概の方は丁寧に大事に使ってくださっているので大丈夫ですが、財布とかは革紐が危うくなったらタイミングだと思っていいかと、先輩方の会話を聞きながら思っています。

 

あと、ネックレスの革紐も危ういです。やばい。組んでから一度も換えてない記憶……。

近々紐交換しようと思うので、またそこで記事を書きたいですね。特に内容は無いんですけどね。

 

ではでは〜。

 

青空

青空

 

広告を非表示にする